美味しい水を飲む方法は複数あります。

日本で美味しい水を飲む方法はたくさんあります。ここではいくつかその方法や美味しい水の種類を紹介します。

美味しいって何?

水が美味しいかどうかを感じるには、塩素が入っているかがあります。水道水には基本的に塩素が入っています。この塩素は消毒用として入っており、他にもプール等でも使われています。 つまり、薄いプールの水が水道水ともいえます。 この塩素は独特な臭みを感じさせることがあります。プールの水も確かに臭みがあります。こういった臭みが気になる方は塩素の入っていない水の方が良いです。 塩素が入っていないと余分なものが入っていないため飲んでみると美味しく感じます。しかし、塩素が無いと消毒できないので雑菌の繁殖には注意が必要です。 他にも美味しさを感じる物には、硬度があります。

硬度について

硬度とは、水に含まれるミネラル分の量のことです。正確には「マグネシウムとカルシウム」の含有率できまります。 この硬度が高いと「硬水」とされ、低いと「軟水」とされます。 硬水はまろやかで飲みにくい特徴があり、軟水はさっぱりとしてごくごく飲めます。 日本の水はほとんど軟水なので、硬度が低い方が日本の方には飲みやすいでしょう。

美味しい水を飲む方法

ペットボトルで購入する

ペットボトルで水を買うようになると美味しい水を飲むことができます。ペットボトルの水は各地の天然水を採用している他、塩素が含まれていないものもあり、臭みがありません。 ペットボトルで購入すると水の持ち運びが大変です。2ℓ近いボトルを複数購入するので、やはり大変です。ペットボトルで水を飲む最大のデメリットです。 しかし、未開封ではしばらく保存が出来ることは備蓄などを考えると幸いです。http://catalog-p.meiji.co.jp/products/foods_drink/drink/030209/49721157.html

浄水器で飲む

浄水器でも水を美味しく飲むことができます。水道水が原水なので水の料金もさほど高くはありません。しかし、水は水道水ということが難点です。美味しい天然水を飲みたい人にとっては浄水器の水が元々は水道水ということが引っかかるかもしれません。そういった方は浄水器ではなく他の手段で水を調達すると良いでしょう。

ウォーターサーバーで飲む

ウォーターサーバーでも美味しい水を飲むことができます。ウォーターサーバーは各地の天然水を採用しているため、自宅に居てもペットボトルのように各地の水が飲めます。さらに宅配をしてくれるため、自分で水を持ち運ぶ必要もありません。 最大の特徴はお湯と冷水を同時に使えることです。蛇口を捻るとすぐに使えることから、便利であり利用者には評判です。ウォーターサーバーの安いおすすめランキングさんでは、各社の比較やランキング、調査などもしております。最近はショッピングセンターなどで展示会もやっていますが、一度こういったサイトで比較するといいかもしれません。

自分で汲みに行く

もう1つ自分で汲みに行くという方法もあります。日本では自分で汲んでも良い水があり、こういった地域ではペットボトルやタンクを持って汲みにくる方もいます。有名なスポーツ選手も水は大切にしており、 自分に合う水をわざわざ汲みに行くこともあるようです。ただ生で飲む際には自分で一度加熱するなどの殺菌処理も大切です。飲める湧き水や天然水も限られているので、何でもかんでも飲むことは避けた方が良いです。