日本は沢山の美味しい水の産地があります。

日本で美味しい水を飲める産地とはどこでしょうか。いくつか日本の有名な産地を紹介してきます。

日本には各地に天然水の産地がある。

日本全国には天然水の産地があります。日本は国土のほとんどが山地です。日本アルプスと言われる赤石山脈・木曽山脈・飛驒山脈の日本3大山脈もあります。 こういった雄大な自然が日本の美味しい水を作ります。冬に降った雪が日本の山に静かに溶け込み、長年をかけて濾過された地下水を作ります。 これが日本の天然水が美味しく、全国各地に豊富な水源がある理由です。

日本の美味しい水の産地一覧

富士

富士は静岡県や山梨県の富士山周辺で採水される天然水です。特に山梨県の山中湖や富士吉田付近に採水向上が密集しています。 静岡県では御殿場や朝霧高原等の天然水の採水がされています。

谷川

谷川は越後山脈の谷川岳の天然水です。ここは雪が豊富で3〜4mの積雪があることも特徴です。 ペットボトルのメーカーも天然水を扱っており、硬度が低く飲みやすい水が多いことも人気です。

南アルプス

南アルプスの天然水は有名なメーカーが取り扱っているので、それも後押ししています。 ここは南アルプスが育んだ天然水を採水できるため、お酒なども作られています。

北アルプス

北アルプスも日本では天然水が取れることで有名な地域です。ここは岐阜県側の飛騨や長野県側の安曇野なども水が綺麗で有名です。 この周辺は水が綺麗な観光地も多く、特に上高地は有名です。

阿蘇・日田

阿蘇と日田も水の産地として有名です。特に日田は大分県でも複数のブランドメーカーがあります。昔から水の街と言われるくらいですから、いつかは飲んでみたいものです。